まるで蕎麦?!箱根神社近くでしか食べられない「絹引うどん」ってどんなうどん?

箱根

こんにちは、ごつこらです。

2022年はじめての箱根旅行。箱根神社と九頭龍神社にお詣りに行ってきました!

芦ノ湖の湖畔にもランチスポットはたくさんありますが、今回は「絹引うどん」を食べてきたので紹介したいと思います。

Advertisement

絹引うどんって何?

今回、ランチに訪れたのは「絹引の里」というお店。

元箱根港の近く、箱根神社の第一鳥居のすぐそばにあります。


この「絹引の里」のオリジナルのうどんが「絹引うどん」なんです。

「お蕎麦みたいに細めのおうどんです」とお店の人が持ってきてくれたのが、こちら!

確かに、色も細さもお蕎麦みたい!

ごぼうの汁と国産小麦粉、そして煎りゴマで作っているうどんなんだとか!

うどん自体、ごぼうやゴマの味がすごくするわけではないので、好き嫌いなく食べられると思います。

ごつこら
ごつこら

珍しいうどんなのに特徴的な味がしないのはちょっと寂しい気もするけど、よく考えたらうどんってうどん自体に味が付いてるものでもないもんね . . . 。

そして、特徴的なのがこのツルツル感!

うどんというと、讃岐うどんなどのもっちりした感じをイメージしますが、絹引うどんはツルツル!

もちろんモチモチ感もありますが、細いうどんなのでやっぱりメインはツルツルのノド越し。


そしてお出汁にもこだわっていて、海産物のほかに干し椎茸やごぼうをつかっているそうです。

海のものと山のものが両方活かされているのは箱根という立地ならではかもしれません。

山のものと言えば、うどんの上に載っているしいたけも出汁がよく染みてめちゃくちゃ美味しい!

絹引うどんのお取り寄せはできる?

そんな名物の絹引うどん、こちらのお店のオリジナル商品ですがお取り寄せもできるそうです。

店頭でも絹引うどんの生麺300g が 1,080円で販売されていましたが、お取り寄せできるのも同じものですよ。

絹引の里では蕎麦も食べられる?

絹引の里は、紹介したオリジナルのうどんが有名ですが、お蕎麦もあります。

お蕎麦も勿論お店のこだわりがあって、北海道の母子里(もしり)の契約農家の最高級そば粉を使用しているそう。

こちらがお蕎麦ですが、やっぱり絹引うどんと見た目がそっくりですね。

天ぷらも衣が薄くてサクサクでした。

絹引の里のクーポン情報

今回紹介した「絹引の里」、食べログにクーポンが出ていたのでこちらも是非チェックしてみてください。

コメント