箱根「麦とろ専門店たむや」は彫刻の森の絶品隠れ家ランチ

麦とろ専門店たむやの麦とろ御膳 箱根

ごつこらです!今日紹介するのは、箱根にある麦とろ専門店です。

ここでは、身体にやさしいご飯が食べられます。

宿のお夕飯がボリュームたっぷりだとか、ランチのほかにもスイーツや食べ歩きをしたいとか、そんな人は必見です。

Advertisement

麦とろ専門店たむや

「麦とろ専門店たむや」は、彫刻の森美術館の入口からすぐのところにある小さなお店です。

小さなお店なので、いかにもコロナ対策!っていうような仰々しいパーテーションなどはないのですが、デーブル席はそもそも4人までしか座れないし、場所もそれぞれ離れているので心配することなく食事ができます。

麦とろ専門店たむやの外観

たむやの魅力はおいしさとシンプルさ

たむやの魅力はそのおいしさです。

シンプルに麦とろと付け合せだけなのですが、これがとてもおいしい。

むしろシンプルだからこそ味がごまかせないはずで、シンプルだからこそおいしさが引き立つというか。



夜は宿のご飯でおなかいっぱいなので、素材とだしの味が引き立つ麦とろ御膳は身体にもやさしいです。

卵やかまぼこも付いているので、ヴィーガンはおろかベジタリアンメニューでもないのですが、食べたあとの晴れやかな気持ちは菜食後の感覚に近いと思いました。



正直、私は特にとろろ好きではないので、今まで食べた麦とろは「ふぅーん。」という感想、可もなく不可もなくとしか感じられなかったんです。

でも、たむやの麦とろは「また食べたい」! 実際にまた食べに行くと思います。



実は、今回麦とろが好きになってしまい、なんとか家でも作れないかと模索中です。

たむやの隠れ家感

麦とろ専門店たむやの坪庭
麦とろ専門店たむやの坪庭。すぐとなりに線路があり、箱根登山鉄道が通過する。


たむやを訪れると、隠れ家感を感じるかもしれません。

4テーブルほどの小さなお店。

小さな庭と、そこからこっそり見える箱根登山鉄道。

そして、売り切れたら店じまい。


「混んでないかな。まだ売り切れてないかな。」

そんなことを考えながら訪ねるのはなんだか昔の時代に戻ったようで、ゆっくり気ままな旅なら敢えて電話確認せずに訪ねて運だめし。

たむやのメニュー

そんな、たむやのメニュー。

麦とろ専門店を名乗るだけあって、麦とろ御膳があります



そして . . . 麦とろ御膳だけ です。



普段は優柔不断な私も、たむやでは即決できます。

麦とろ御膳です。


敢えて言えば、大盛ご飯の麦とろ御膳と、サイドメニュー2種類くらいもあるにはあります。

たむやの麦とろ御膳

麦とろ専門店たむやの麦とろ御膳
麦とろ御膳。おひつに入ったご飯を少しずつ茶碗によそっていただきます


これが噂の 麦とろ御膳

  • ご飯
  • とろろ
  • 味噌汁
  • 温泉卵
  • 豆腐
  • かまぼこ
  • 漬け物
  • 薬味

がセットになっています。

少なく感じる場合には、ご飯の大盛りやおかわりの選択肢もあります。

たむやが選んだこだわりの食材

麦とろ御膳に使われているのは、地元食材を中心とした、お店のこだわりのものばかりです。

小田原の「いいちみそ」

とろろは、大和芋に地元小田原の「いいちみそ」を合わせているそうです。

この「いいちみそ」、1850年(江戸時代!)からお味噌を作りつづけていて、今でも木樽で仕込んでいるというこだわりよう。

調べてみたら、ふるさと納税の返礼品に いいちみその詰め合わせセットがありました!


「自宅で麦とろ」を模索中の私。色々調べていたら、とろろには醤油だけでなくお味噌も入れると格段においしくなるという情報を入手しました。

おいしいお店はひとつひとつの素材もこだわっているからおいしいんですね。

. . . 「神は細部に宿る」ってこういうことだったのか!?

強羅の「箱根銀豆腐」

小鉢に入っているお豆腐は、強羅にある「箱根銀豆腐」というお店のもの。

このお豆腐屋さんは強羅駅からすぐのところにあり、お店で食べられる「しゃくり豆腐」などが有名です。

でもそのほかにも「箱根の様々な有名店で銀豆腐が使われている」という意味でも名が知れていて、ガイドブックの常連「田むら銀かつ亭」の看板メニュー「豆腐かつ煮」にも銀豆腐が使われています。

小田原名物のかまぼこは「丸う」から「籠淸(籠清)」に

そして、かまぼこ。かまぼこといえば地元小田原の有名食材ですよね。

たむやでは、かまぼこは「丸う」のものを提供してきました。

丸うが残念ながら2020年10月に廃業してしまったので、現在は籠淸(籠清)のかまぼこになっています。

小田原の「山ろく漬」

お漬物も地元小田原のものを使っています。

しいの食品の「山ろく漬」というお漬物で、にんにくたまり醤油に大根を漬けたもの。

60年近く前から発売されていて、地元では有名なお漬物なんだとか。

箱根たむやへのアクセス

たむやは11時に開店し、売り切れ次第終了してしまうので、今日食べに行きたいならどのくらいで着けるのかが重要です。

箱根登山鉄道の彫刻の森駅から歩いて1分のところにあります。

改札を出て、彫刻の森美術館に向かって歩くとすぐに左手に踏切があります。踏切の方には行かず、そのまま道なりに歩いてすぐのところです。

彫刻の森美術館の入口からも道なりに歩いて1分くらいなので、すぐですよ。

Advertisement
この記事を書いた人

〈名前の由来は、スリランカで出会った草〉
 

ゴツコラは、古くから長生きに貢献すると言われてきたハーブ。 
長生きするからにはいろんなことをやってみたいよね!
 
好きなものは、スイーツと旅行(特に海辺&湖畔)。
最近気になっているのは、体に良いスイーツと体型維持のためのエクササイズ。

箱根
シェアする
ごつこら記

コメント