ラ・メゾン・デュ・ショコラのガナッシュを食べてみた 説明書きからは想像できない味だったのは…?

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのアソルティモン メゾン S1 スイーツ

高級チョコレートといえば、バレンタインデーやホワイトデーのほか、母の日のギフトから自分へのご褒美まであらゆるタイミングで大活躍ですよね。

2粒入りからギフトボックスもあって、ちょっとしたプレゼントにもぴったりの LA MAISON DU CHOCOLAT(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)。

好きな味のチョコレートを選んで買えるのは嬉しいけど、実際にショーケースの前に立つとどれを選んだらいいかわからなくなっちゃうこと、ありませんか?

そこで、今回は LA MAISON DU CHOCOLAT のガナッシュを実際に食べてみました!

パプリカ
パプリカ

それぞれのチョコレートの説明を見ながら食べたけど、想像しなかった味わいのものもあったよ!

AKOSOMBO アコソンボ

ガーナ産のカカオの力強くスパイシーな味わいが特徴的なプレーンなダークガナッシュ

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのプラリネ「アコソンボ」

プレーンなガナッシュです。苦味が強いので甘いもの好きからの評判は良くなさそうです。

説明にある「スパイシーな味わい」という表現がしっくりと来ました。もちろん特定のスパイスの味がするというわけではないのですが . . . 。

しいて言えば苦味が強くてわずかにスモーキーな雰囲気があるところがスパイシーだと感じる所以かもしれません。

ANASTASIA アナスタジア

ヘーゼルナッツのジャンドゥジャを混ぜ合わせたダークプラリネ

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのプラリネ「アナスタジア」

ダークチョコレートの中に甘くなくて上品になった nutella(ヌテラ)がたっぷり入ったような味です。子どもの頃によくたべたヌテラを思い出して懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

「ANASTASIA アナスタジア」自体はダークチョコレートがベースになっているので、甘さは感じなくて大人向けの味わいです。

ヘーゼルナッツ好きとしてはもっと食べたい!と思えるお勧めの1粒です。

(ちなみに、ヌテラというのはこれです!)

GUAYAQUIL グワヤキル

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのプラリネ「グワヤキル」

ブルボンバニラ風味のダークガナッシュ

「GUAYAQUIL グワヤキル」はプレーンなダークチョコレートです。

でも苦味の奥に爽やかさが感じられます。

これまで、バニラに対して爽やかという印象を持ったことがなかったので、バニラに対する新しい発見でした。

SALVADOR サルバドール

フランボワーズ風味のダークガナッシュ

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのプラリネ「サルバドール」

細長い形に、赤いラインが入っている見た目が特徴の「SALVADOR サルバドール」は木いちご味のショコラ。

レモン風味のダークガナッシュは1口目のフルーツ感が控えめだったのと比較して、こちらは1口目から間違いないフランボワーズ味です。

遠慮のない酸味なので、フランボワーズや酸っぱいフルーツが苦手な人の口には合わなそうです。

さっぱりするので、甘いチョコレートとセットでお茶請けにしたいと思いました。

JOLIKA ジョリカ

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのプラリネ「ジョリカ」

ダークチョコレートでコーティングしたピスタチオ風味のアーモンドペースト

「JOLIKA ジョリカ」は上にピスタチオの欠片が乗っているのが特徴です。

中のペーストは、いかにもピスタチオ!な緑色。

ですが、ピスタチオ好きの私もこれまでに食べたことがない不思議な味わいでした。

というのも、ペースト部分は思ったよりもしっとり。味はアーモンドプードルに水分を含ませたような感じでした。

「ピスタチオペースト」ではなくて「ピスタチオ風味のアーモンドペースト」という表現に納得。

アーモンドペーストの不思議な食感に気を取られたせいかもしれませんが、ピスタチオ感はあんまり感じられません。

アーモンドと言ってもカリカリのナッツが好きであれば、こちらではなく「ROCHER NOIR ロシェ ノアール」ROCHER LAIT ロシェ レ」が最適です。

ANDALOUSIE アンダルシア

南仏産のレモンを用いたダークガナッシュ

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのプラリネ「アンダルシア」

最初の1口は、ダークチョコの奥にうっすらと何かフルーツ . . . ?という感じですが、食べ進めると口の中がフルーツだらけになります。

ですがレモンらしさは強くなくて「この柑橘系のフルーツは何の味だろう?」というのが正直な感想でした。

レモン部分はクリームやジェリーなどのフィリングではなく、レモンの味がするガナッシュです。なので内側もすべてチョコレート一色です。

チョコレートも甘くなく、レモンガナッシュも甘くなくて食べやすいです。

ROCHER NOIR ロシェ ノアール

香ばしくローストしたアーモンド入りのアーモンド&ヘーゼルナッツのダークプラリネ

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのプラリネ「ロシェ ノアール」

表面がナッツでデコボコしていますが、中にもナッツがザクザクです。

味も1口目はまずアーモンドを感じます。その後、ヘーゼルナッツペーストの味がします。

ヘーゼルナッツのジャンドュヤ入りの「ANASTASIA アナスタジア」よりもアーモンドのザクザクナッツ感が強いです。

チョコレートも「ノアール」と付いているとおり、苦めのブラックチョコです。

ROCHER LAIT ロシェ レ

香ばしくローストしたアーモンド入りのアーモンド&ヘーゼルナッツのミルクプラリネ

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのプラリネ「ロシェ レ」

表面がナッツでデコボコしていますが、中にもナッツがザクザクです。

「ROCHER NOIR ロシェ ノアール」とは違いベースが甘いです。

そのせいか意外とナッツの苦味が際立ちます。そのため、甘いものが好きでもナッツが苦手な人にはあまり向かないと思います。


パプリカ
パプリカ

いかがでしたか?

ラ・メゾン・デュ・ショコラのチョコレートは苦味が効いた大人向けのチョコレートがほとんど。

子ども向けや、甘党向けなら、バニラビーンズがおすすめですよ!

コメント