コストコの超定番「チョコモド ココアダストトリュフ」。これが典型的なフランスのトリュフか!

コストコ

こんにちは、ごつこらです。

今日紹介するのは、コストコオンラインで買える定番トリュフ「チョコモド ココアダストトリュフ」

このトリュフ、コストコに数ある巨大商品の中ではあんまり大きくなくて、そこまで大容量でもないかもっていう気がするのですが

サフラン
サフラン

コストコといえば枕サイズのポテトチップスとか売ってるからね!

実際には、このトリュフもたっぷり1キロも入ってます

ほかの大容量お菓子に比べたらそんなに大きくないってだけで、トリュフ界ではなかなかの大物でした。

サフラン
サフラン

確かにカルディとか成城石井に売ってる輸入物のトリュフ、もっと箱小さいわ

Advertisement

チョコモドのトリュフはフランス産

今回紹介するチョコモド(CHOCMOD)は、フランス北部の会社

ちなみに前に紹介した、こちらもコストコで買えるトリュフのルメトル(Lemaitre)は、ベルギーの会社です。

フランス北部はベルギーに隣接しているから、この2つのトリュフも似ているのかなと思いきや、ルメトルによるとベルギーのトリュフとフランスのトリュフには明確な違いがあるんだそう。

それは . . . 、

ベルギーのトリュフはフィリングがチョコレートでコーティングされているけど、フランスのトリュフはコーティングされていない!

ってことらしいです。

サフラン
サフラン

正直、国ごとのトリュフの違いよりも、ブランドごとのトリュフの味の違いのほうが気になるところ…

期待を裏切らない安定トリュフ

さて、チョコモドのトリュフのいいところは、“いかにも” なトリュフであるところ

変に独自路線を追求したりしていなくて、多くの人がイメージするであろうノーマルなトリュフチョコレートです。

  • 大きさは一口サイズくらいで
  • 甘さはちょっと強めで
  • 口溶けが良くて
  • でも生チョコほどはまったりしすぎなくて

と、こんな感じ。

だから、美味しくないなハズレだな、って思うこともないし、お客さんにも安心して出すことができます。

チョコモドココアダストトリュフの中身

たっぷり1キロも入ったチョコモドココアダストトリュフ。

箱を開けると、トリュフが500グラムずつ入った袋が2つあります。

ごつこら
ごつこら

500gってすぐに食べきれる量じゃないけど、1kgどっさり入っているより保存しやすくてありがたい!

そして、こちらが中のトリュフ。

どうでしょうか?イメージどおりのトリュフでしょ?

ごつこら
ごつこら

箱は大きくて大容量だけど、トリュフ自体は指先で摘めるくらいの普通サイズだよ


味は甘くて、食感はクリーミーすぎず、口溶けはいいけどちゃんとチョコレート!という感じです。

大容量な分、コスパも良いので普通のトリュフを食べたいときにお試しあれ。

コメント